280psが、400psに化ける

投稿者:

VolksWagen GOLF7 R 6MT様、パワーチェックなのでございました。

私どもにてチューニング&モディファイを施工させていただき、本日シャシダイナモ測定へ出かけられたお客様より、結果のご報告をいただきました。

言葉になりませんでした…。

様々なパーツの選択が間違いではなかった事を裏付けてくださっております。

イギリスやドイツ製の品物をメインに、アジアンテイストは無し、っです。あ、FUCHSのクーラントに混ぜている水が、唯一和製にて、鈴鹿の水道水ですが。

406.1 ps 56.0kg/m

圧倒的フラットなトルクカーブは、どの回転数からアクセルを開けても瞬時に加速する事を示し、パワーのグラフは、あと500rpm回るとどうなってしまうのでしょう?っと衰え知らずを物語っております。

タービンやエンジン内部はノーマルです。

自動車が電気で動く遠くない未来に向けて、量産4cly 2.0ℓ レシプロエンジンの可能性を限りなく探究する…。もうボチボチ打ち止めか? EA888は、そんな役割を持っているのでしょうか? 秘めたる潜在能力は、極めて高いようでもありまして、潜在しているのですから、眠らせておくのは勿体ないと考える次第でございます。

本日、再びスタッドレスタイヤへと入れ替えし、撮影させていただきました。

エクステリアも極めて純正で〜ございます。

いつの時代も自動車は楽しいのであります。

今までもこれからも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中