コンピューターチューニングとは何か?

投稿者:

コンピューターチューニング、一体全体何なのか?
コンピューターのソフトを書き換えることで、パワー、出力を上げてしまう施行のことを指します。

日本語で説明すると小難しいんですが、

簡単に言えば、馬力、トルクが変わります。

当店では、

・デジタルスピードと

・レボテクニックの2種類を取り扱っています。

 

大きく違うのは、

デジタルスピードは、

ドイツ製、

あらゆるメーカーを網羅している事

デジタルスピードDAYを設けて施行しに輸入元さんに来ていただく。

レボテクニック

イギリス製

VW,Audiのターボ車

ストラーダでいつでも施工可能

 

という大きな違いがあります。

では、今回はレボテクニックについてお伝えします。

 

ステージチューニング

ステージ1 車両がノーマルの状態

ステージ2 吸気と排気(触媒)がチューンアップされていること

ステージ3 ビックタービンに変更されていること

と段階を追ってステップアップするチューニングになっています。

パーツを交換してバージョンアップをしたために、コンピューターもバージョンアップが必要になる。という意味で、最初からレボテクニックの場合はソフトが開発されています。

バージョン3以上は現車合わせとなりまして、ソフトを作っていきます。

 

では、デジタルスピードは?というと当然のことながら、バージョンを上げていけます。

ではなぜ?違うのかというと、施工のやり方が違うのです。

デジタルスピードは、その場で、メールにてソフトを送り、書き換えたデーターをコンピューターに書きこむ方式なので、

いわば、常に現車合わせをしているのです。

レボテクニックは、診断機カプラーから繋いでソフトをかきかえますので、既に用意されている。

ただそれだけの違いです。

では、レボテクニックの場合、ステージ2や3をノーマルの状態の車に入れたらどうなるか??

ステージ1の状態にしかなりません。

つまりは差額分が勿体ないことになります。

ステージ1を入れて、スポーツ触媒に交換したからステージ2を入れる場合、

ステージ1と2の差額分をいただいています。

つまり、先に2を入れたからって、得なことは何もない。

ステージ1が13万円

ステージ2が15万円なら

その差額の2万円をいただくだけ。

それが、レボテクニックの主な仕様変更の意味です。

次回は、それぞれに必要なパーツについてご説明しますね。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中